これからしたい3つの事〜2017年 夏〜

Pocket

ミナ(ヨ)さーん、こんにちは!

9月に入っちゃいましたですね。
暑さがまだまだ続いて欲しい!
プールや海に入りたい、夏LOVEな私です。

そんな私が今年から8月に大幅にお休みを取っていたのを
ご存知の方も多いかもしれません。

もちろん、秋・冬・春が忙しいから
夏にはリフレッシュ

それもあります。

でも、その中でも最後の8/28・29・30は
私にとって特別なドキドキするイベントがあったので
その報告をさせてください。

今年から所属した写真団体『PGC(ピージーシー)』の
全国会議、【カンファレンス】へ参加するために九州の博多まで
行き感動してきました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもPGCって何物なんじゃ? 

 

 

 

 

 

 

 

カンタンに言うと、
『若き写真館経営者を中心とした、
日本の写真館業界の未来を作り、輝き続けていく
志を持ったメンバーの集まり』
と、思ってます。

(なので、年齢制限があったりします。
まだ引っかからなくてよかったー)
  
  

どんな活動をやってたりするのかというと

 写真館もさまざまな形があります。
チェーン店やフランチャイズもあるし、
個人店もあります。

スタジオミナヨは完全に個人店経営。

ですと一人で何か考えたりしようとするのは
時間も情報も限られます。
又、偏ったり、ひとりよがりなものになりがち。
悩んだりもします。

だったら、同じ志を持った仲間で集まって会議したり
勉強会をして悩みは分かち、前向きに解決できるよう
楽しみながら切磋琢磨しましょうっていうところのようです。

(私なりの解釈ですが、間違ってはないと思います汗)
 

 父の代から東京都写真館協会、(略して東写協)という団体には入っていて
今も所属してますが
 
【若き】ってところが違いであり、大事なところです。
20代の方、います。30代の方はたぶんもっといらっしゃいます。
私が40代ですから、世代が代われば常識や持ってる情報だってちがいますから
それを聞けるなんてなんてラッキーなことでしょう♪

だってその世代のパパやママがお宮参りでいらっしゃるのは事実ですもの。

メンバーの男女比は男性が8~9割。女性は1~2割。
かつ、ほぼ、年下の方々が大先輩の中に飛び込むことにしました。
やっぱり緊張はしますが、父の代からお付き合いのある方の紹介のため
多少知ってる方もいて声かけてくださったり
東写協の仲間もいて
数少ない女性メンバーに相談しながら
半年ほど待って今年、入会が実現しました。

 

 

行く前の自分に戻ってしまわないための工夫を
実行してみました

 

以前から所属の東写協や、個々の勉強会には沢山出席してきて思うのは

【一度に勉強した内容の全ては持ち帰れないから
1つでいいから持ち帰り、実行に移す】

これ
できそうでできなくないですか?

 

帰宅して寝ていつもどおり出勤の日々が始まり
休んだ分、仕事たまってたり電話が鳴ったり。

これじゃ何のためにお金払って勉強してきたのかわからない!!

だから

これから勉強会翌日も午後からお店空けることにして
午前中は今後のために内容をまとめる、たーいせつな時間を
作ることにしました!!

やってみて大正解です♪

 

これからしたい3つのうちの2つはコレ

スタッフには元気に楽しく、また自分の頭で
考え行動してもらえるようになっていってほしい

ある程度の基本を教えていったら、
接客業はときに臨機応変の対応が大切になります

ですから
マニュアル通りの対応しかできないのはナンセンス
お客様に合わせた対応を
自分で考えて行動できるようになっていってほしい
 かつ、いつまでたっても私の右腕・左腕が育たない
それでは困るのです。

そして社員で毎日出勤しているならともかく
今いるスタッフは全員女性でしかも子育て中。
高校生・中学生のママ
小学生2人のママ
年中さんのママ

 

 

 

 

 

シフトはもちろんバラバラ
人出は欲しいのにこんな勤務体系で
どうやって私と同じ方向を目指してもらうの?

 

モチベーションをキープしてもらう?

土日祝日にも出勤してもらえるの?

楽しんで働いてもらえるの?

昨年の私は不安だらけで道が見えませんでした

それが
PGCの先輩方の豊富な知識と
実践されてきた方法を伝授いただき
今年からそれを駆使して
何とか霧が晴れてきてそうです♪

 

 

福島県、光陽スタジオの馬場さん


 

 

 

 

こんな風に使わせていただきました

 

 

大阪、フォトスタジオシミズの長谷川久代さん

 


 

 

 

 

今度もう少し詰めますが、私もスタッフにも
わかりやすかったです。

ありがとうございました!!

 

 

撮影の方法・センスをレベルアップさせたい

 

 

これはもう、的は絞られましたね。

 

もっと光を駆使する

 

去年はシンプルなライティング(光源の使い方)を覚えました。

しかしやはりカメラマンはたくさんのライトを駆使するのが醍醐味かもと思うように。

スタジオではいらないストロボをだいぶ減らしたので
今度は必要なものを足してみたくなりました。

 

 

愛ある写真も撮りたい

普段は記録としての写真を撮ることが多い私ですが

作品となるような愛を感じる写真を
撮る!

 

 

 

ちょっとがんばる状況の中で撮ってみる

たとえば雨が降っている夜とか
台風一過の直後の暴風ふきまくってる中でとか
早朝の人がいない時など

 

 

 

 

 

 

子育て中はあまり余裕がなかったので
まずはプライベートでもっともっと撮り始めようかと。

やっぱり誰もがケイタイなどで気軽に撮れちゃう時代だから
感じる心を、センスを敏感に保ちたいです。

 

最後の3つめは、人生設計の見直しです。

基調講演でお会いした本田直之氏

知ってる方は知っている有名な方のよう。

お会いするまでまったく存知あげなくて
パンフレットに書いてあったすごい経歴でビビッてました。

ハワイに住みたい!っと強烈に思うようになってから
それを実現させるために何が必要かを考え

今は1年の半分はハワイ
3ヶ月を日本、2ヶ月をヨーロッパ、
1ヶ月をオセアニア・アジア等を旅して
「仕事と遊びの垣根のないライフスタイル」
をおくってらっしゃるのです。

趣味はサーフィンやトライアスロン、
食通でもあるようで。

お話を聞いていたら
私ともけっこう共通点があるんです。
(レベルは違いますけど)

共通の趣味は、皆さんもご存知サーフィン!

あと、父が他界する前に行った昨年の大親族旅行で
行ったハワイ。

そこで訪ねた「HEAVENLY」は地元の食材を使った
居心地のいいカフェレストランで、
そこのメニューのプロデュースを本田さんはされていたんです。


 

 

 

 

 

サーファーが好きそうな内装。。。

 


 

 

 

 

 

女子が大好きフレンチトースト♪(´ε` )

 

 

 

 

 

 

 

そんなご縁があってだんだん身近に感じてきてしまい、
しかも仕事と遊びの垣根のないライフスタイル
っていう生き方がこれからはモバイルテクノロジーを駆使して
できるんだよというお話に共感してしまい、
気づいたら名刺を渡しに走る自分がいました。

 

 

そして今まで燻っていた思いが燃焼してきました。

 

花粉の時期は日本を離れたいな

サーフィン、やりながらの生活できないかな

文京区にこだわって住む以外の方法ないかな

などなど…

 

無理なのかなと思っていたら

無理で人生終わってしまいます。

いきなり海外との往復とかは難しくても

国内でできないかな。

考えるのはタダだし。

出来たら楽しいだろうなぁ。。

人生見直ししていこうっと。

 

【記念に】

 

 

 

 

 

 

 

『人生は壮大な実験だ』と、おっしゃっていた
優しい笑顔の本田氏と。

トライアスロンやってるわりにスリムに感じました。

 

 

 

長くなりましたが、最後に。

 

8/26に父の一周忌を無事終え、不用品は破棄をして、

これから少しずつ私色にスタジオも変えていこうと思ってます。
今の私の姿を見て父は何を思ってるでしょうね。

安心してもらえたらいいのですが。

 

 

 

 

 

良質な仕事のエンジンかけるための

上質なガソリンを給油してきました。
(これからはハイブリッドか、電気よね!)

これから少しずつ実践して

結果がついてきてくれますように。

投稿者プロフィール

みき
みきスタジオミナヨ代表 三代目の女性カメラマン
新宿区生まれ、文京区小石川で3人姉弟の長女として育ちました。
手に職をつけたいと思い、先代の父の紹介で入った代官山の写真有賀で修行後、実家のスタジオミナヨに入りました。
修行時代に身につけた【小さいこどもさんの笑顔を引き出すこと】【着付けができる】ことを得意としてます。
2013年、東京都写真館協会主催の写真コンテストで入賞し、それをきっかけに写真の奥深さを知り、さらに高みを望むようになりました。
今ではたんなる記録としての写真ではなく、その時・その人・そのご家族らしさが伝わるような写真を追求するようになりました。
カメラが携帯で気軽に撮れる時代ですが、誰が撮っても同じ写真では納得いかず。。
「私にしか撮れない表情・瞬間」を探しだし、毎回気持ちを込めてお撮りしてます。
2013年に第1子となる女の子を出産し、子育てしながら働いてます!

もっと詳しいプロフィールはこちら
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://sminayo.com/blog/archives/1082/trackback

PAGE TOP